期外収縮 1分間の回数 危険性

期外収縮の危険性と1分間の回数

スポンサーリンク

不整脈の症状の1つに期外収縮があります。
この症状は心配の必要がないことが多いのですが、危険性がある症状があります。
この症状と脈拍の1分間の回数が密接な関係にあります。
こちらの症状について紹介していきます。

 

 

【期外収縮で安全な1分間の回数】
不整脈の症状の中に期外収縮の症状があります。
脈拍の中で不整脈が打たれる症状となります。
この脈拍の症状を調べるには、決められた時間の脈拍の回数を調べて危険性があるかどうか確認することができます。
脈拍は1分間に50回以下のゆっくりとした状態のものが徐脈と呼ばれており1分間に100回以上の脈を頻脈と呼ばれています。

 

不整脈では、緊張してした時や運動したときに現れる頻脈のように健康な人でも不整脈の症状が起こってしまう生理的な原因と疾患が原因で発生するものがあります。
安全性のある場合では、無症状の状態であれば回数に関係なく、治療を行う必要のない症状となります。
通常の回数が1分間の回数が低ければ低いほど安全なものだと判断されます。

 

スポンサーリンク

 

【期外収縮で危険性となる1分間の回数は? 】
不整脈の期外収縮では、徐脈と頻脈の違いがあっても脈が飛んでしまう、1分間の回数が6回を超えてしまうと必ず治療が必要な状況となります。
こちらの症状が頻繁に発生してしまうほど危険性のある場合には、必ず治療を行いましょう。

 

期外収縮の1分間の回数が少ない場合で自覚症状がなければ心配のない症状になります。
しかし、連発する場合には心室細動になってしまう危険性があります。
そのためこちらの症状の危険性を心配する場合には日常的に1分間の回数を定期的に確認する必要があります。
定期検診でも心電図検査を行い期外収縮の症状を必ず確認する必要があります。

 

期外収縮の危険性がある1分間の回数では、脈拍との関係がありますが飛んでしまう回数が6回を超えた場合には治療が必要です。
しかし、この回数以外でも6回に近い場合には必ず医師に相談する必要があります。
特に年齢が30代を超えている場合には必ず検査が必要です。

 

期外収縮の危険性は、脈が飛んでしまう1分間の回数と関係しています。
一定回数以上飛んでいる場合には必ず治療を行う必要があります。
また、定期的に心電図の検査を行うことも予防対策となります。

スポンサーリンク