期外収縮 3連発 危険性

期外収縮が3連発!危険性は?

スポンサーリンク

不整脈の病気の1つ期外収縮が3連発発生してしまう事は、危険性と何か関連があるか気になるものです。
心電図の検査によるこちらの症状について説明していきます。

 

 

【心室性期外収縮の3連発の危険性】
心室性期外収縮が連続して発生してしまう事を2連発や3連発と呼びます。
これらの症状は心室頻脈につながることがある危険性のある症状といえます。

 

こちらの症状が3連発など長い間発生してしまう場合を心室頻脈と呼ばれています。
この症状は一般的に不整脈の中でも重症の症状と言われています。
そのため心電図の検査による3連発の症状は危険性の高い症状になってしまいます。
こちらの症状が3連発の危険性の高い症状の場合には速やかな治療が必要となります。

 

これらの症状に自覚症状がある人もいますがなかには気がつかない人や期外収縮だと思わない人もいます。
年齢を重ねるごとにこれらの症状が現れるため、加齢による症状だと自己判断してしまう人もいます。
しかし、自己判断はとても危険のあるものです。
このような症状があるときには必ず医師に相談することがとても重要です。

 

スポンサーリンク

 

【普段の記録が必要】
不整脈の中でも期外収縮の診断をするためには24時間心電図記録を行うことが、はっきり診断をすることができる方法です。
毎日24時間心電図記録をとる事は、その日によって不整脈の症状が出ない記録が残る場合と不整脈の症状が出る記録が残る場合があります。

 

しかし、期外収縮は1日の中でもかなりの回数が発生してしまう症状です。
そのため毎日24時間心電図記録を残す事は、自覚症状がない場合でも確実に記録されることになります。

 

期外収縮の診断では3連発の症状が起こっているときには危険性の高い症状だと言われています。
これらの病状の判断するためには緻密な検査が必要です。
心電図を多く検査することで期外収縮の診断ができることになります。

 

また、患者の自覚症状の程度や不整脈の症状により治療が異なるため、記録を残す事はとても貴重なものとなります。
中でも3連発の症状になっているときには自覚症状がある危険性の高い状態です。

 

期外収縮が3連発発生している状態は危険性の高い状態です。
適切な治療を行うためにも心電図記録を毎日記録することがとても重要なものとなります。
自覚症状がなくても心電図記録に残ることで適切な治療ができます。

スポンサーリンク