期外収縮 症状 頭痛

期外収縮の症状と頭痛の関係

 

 

 

スポンサーリンク

期外収縮を起こすと、それに伴って頭痛を感じる人が少なくありません。
心臓の動きに変化が起こると、血流の流れに狂いが生じます。
その原因は様々ですが、日常生活で気を付けるだけでも症状の出現を抑制することができます。

 

 

【期外収縮とは】
心臓の動きに狂いが生じている期外収縮。
突然胸がドクンと鳴る感覚があるとき、この症状が起こっている可能性があります。
血圧の変化に影響する心臓の動きは、通常は一定のリズムを刻みます。
そこが不規則になってしまう不整脈があると、頭痛を起こす悩みが生じることがあるのです。

 

こうした症状は心臓疾患がある人だけでなく、健康な人でも起こります。
自覚症状がないということもあり、原因不明の頭痛に悩むことで、期外収縮の症状に気づくこともあるほどです。

 

スポンサーリンク

 

【ストレスも関係する】
ストレスによって頭痛の症状が出現することがありますが、その大元は期外収縮かもしれません。
胸痛や動悸があって頭痛を起こしているようであれば、心臓の働きを評価してもらうために医療機関を受診しましょう。
不整脈を起こしている状態は健康面でのリスクを抱えます。
ストレスを解消しながら健やかな体を保つことも、大人のたしなみとしては重要ではないでしょうか。

 

 

【カフェインの過剰摂取も症状出現に繋がる】
期外収縮はカフェインの過剰摂取によって引き起こされることがあります。
頭痛も同様です。
ですから、日常的にコーヒーを摂取することが多い人は、飲み物を変えて過ごしてどうなのかを検証する価値はあるでしょう。

 

期外収縮が起こらずに、頭痛の症状も感じないようであれば、カフェインを避けて生活することも有効です。
普段からコーヒーを飲む頻度が多い場合には、生活改善が体調の変化に繋がるかもしれません。

 

期外収縮は心臓が不規則に動き、時には胸痛や動悸、頭痛を感じることも少なくありません。
それはストレスやカフェインの過剰摂取が原因になることもあるので、生活のコントロールを実践して、リスクを減らす配慮を行ってみるべきです。

スポンサーリンク