期外収縮 頻発回数 基準

期外収縮の頻発回数で重症度が決まる基準がある

スポンサーリンク

期外収縮はどのように発生しているかを知ることで、重症度を分類することができます。
基準としては1時間あたりどれくらいの症状があるかも把握します。
期外収縮の頻発回数によっても細かく分類することができます。

 

 

【期外収縮の重症度を表す基準】
期外収縮には重症度を表す基準が存在します。
それによってどういった症状が起こっているかを確認しながら、今後のリスクが医師から説明されます。
その基準となるのがLOWN分類というもので、グレードは「症状なし」と判定される「0」から、最重度の「5」までの評価がなされます。

 

期外収縮は頻発回数も重症度の基準となります。
1時間あたりどれくらいの頻発回数があるかをカウントすることで、細かく評価を行っています。
グレード「3」以上になるようであれば、重症度が高いという判定となります。

 

 

【致死性の症状にも繋がることがある】
期外収縮は頻発回数によって、致死性不整脈を誘発することがあります。
2連発や3連発といった症状が出ているようであれば要注意です。

 

健康な人でも期外収縮は起こりますが、頻発回数を分析していくと危険度を把握できます。
心電図検査を行って現状把握を行い、その時の頻発回数を基準と照らし合わせながら評価を行うべきです。

 

スポンサーリンク

 

【器質的か生活が原因かを把握するべき】
期外収縮は心筋症や高血圧など、器質的な理由で起こる場合もあれば、ストレスや過労、生活の乱れといった生活習慣が原因になることもあります。
どちらが原因なのかを調べることで、改善の糸口が見えてくるかもしれません。

 

医療機関では頻発回数を評価しつつ、生活全般の聞き取りから総合的に評価を行うことが、これからの生活ですべき基準の提示が行えます。

 

期外収縮は頻発回数を評価することで、重症度の基準に照らし合わせながら総合的な判断が行われます。
それによって日常生活での配慮や治療の必要性など、医師から詳細なコーディネートが行われ、今後の暮らしのマネジメントが行われます。

スポンサーリンク