期外収縮 激しい運動 危険

期外収縮の危険がある激しい運動は危険

スポンサーリンク

不整脈などの期外収縮の症状のある人は、激しい運動を控えることになります。
症状によっては、大変危険な状態になるからです。

 

 

【心室性期外収縮の症状】
激しい運動の後に不整脈の症状がある人は、心室性期外収縮が現れることになります。
いろいろな症状が現れますが、心室性期外収縮の出現を誘発してしまうのが、激しい運動になります。
そのため危険の高い行動と言われています。
体特に心臓に運動負荷がかかることで高い心拍数が現れます。
これが心室性期外収縮になることで危険な状態となります。

 

一般的な人は、こちらの症状になった場合でも激しい運動をすると心拍数が増えますがこちらの症状が減少することになります。
この症状に当てはまらない心臓の心拍数の症状などが現れる人はこちらの病気の可能性が高くなります。

 

その結果激しい運動をする事は体にとって危険な症状となります。
できるだけこちらの症状が現れないように普段の生活や運動に注意が必要となります。
問題のある運動をする場合には医師に相談することが重要です。

 

スポンサーリンク

 

【24時間の心電図記録】
普段健康な人と変わらない生活をしていると、期外収縮の症状だと気がつかない人がいます。
激しい運動の後いつもと異なる状態になって初めて気がつくことになります。
非常に危険のある運動を行わないように注意する必要があります。

 

これまでに脈拍の異常な状態や脈拍が飛んでしまうような状態の経験がある人は、24時間心電図の記録を残す検査をオススメします。
この検査を行うことで自分自身が期外収縮の症状があるかどうかはっきりわかるからです。

 

検査によりこの症状は分かることになるので、医師から詳しい説明を受けることができます。
この説明により今後激しい運動が体にとって危険のあるものかの説明も行ってくれるでしょう。
特に激しい運動の後の心電図の記録により期外収縮の症状がはっきりわかります。
心臓に心配のある人は必ず行ってもらいたい検査になります。

 

激しい運動を行うと期外収縮の危険性が高くなってしまいます。
この症状に関して心配がある人は心電図記録の検査を行うことで、どのような運動が自分にとってベストかわかります。

スポンサーリンク